“人望家”の読み方と例文
読み方割合
じんぼうか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まして百日あまり外出いたしませず、また近所の者は日頃文治をでさえ呼棄てにする者はないくらいな人望家、子供に至るまで、業平の旦那、業平の旦那。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)