“人世問題”の読み方と例文
読み方割合
じんせいもんだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人世問題になんらかの考えがあって、いまの境遇にありとせば、いよいよ悲惨運命である。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)