“京浜国道”の読み方と例文
読み方割合
けいひんこくどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、京浜国道を六十のスピードで走っていて、時々通行人をいたり、荷車に衝突して自分も相当の怪我をしたことが何回もあったことをみて慄然とした。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)