“乾坤弁説”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんこんべんせつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乾坤弁説”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
去来は儒医二道に通じた上、「乾坤弁説けんこんべんせつ」の翻訳さへ出した向井霊蘭むかゐれいらんを父に持ち、名医元端げんたんや大儒元成げんせいを兄弟に持つてゐた人である。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)