“久須麻呂”の読み方と例文
読み方割合
クスマロ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
惠美家からは、嫡子久須麻呂の爲、自分の家の第一孃子をくれとせがまれて居る。先日も、久須麻呂の名の歌が屆き、自分の方でも、娘に代つて返し歌を作つて遣した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
惠美家からは、嫡子久須麻呂の爲、自分の家の第一孃子をくれとせがまれて居る。先日も、久須麻呂の名の歌が屆き、自分の方でも、娘に代つて返し歌を作つて遣した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
恵美家からは、嫡子久須麻呂の為、自分の家の第一嬢子をくれとせがまれて居る。先日も、久須麻呂の名の歌が届き、自分の方でも、娘に代つて返し歌を作つて遣した。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)