“下司雑人:げすぞうにん” の例文
“下司雑人:げすぞうにん”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“下司雑人:げすぞうにん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
という一かつは、かりそめにも正三位参議の六波羅殿の館から洩れてよいものではない。下司雑人げすぞうにんなら知らぬことだ。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)