“一生一品”の読み方と例文
読み方割合
いっしょういっぴん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そりゃ将軍家へ行くんじゃあるまい。この久米一もそろそろとしだ。いつぼけるか分らないから、このへんで、一生一品いっしょういっぴんな物を作らしておこうという考えだろう」
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)