“ポルターガイスト”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小悪魔50.0%
魑魅魍魎50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、どうあっても僕には、レヴェズがそんな、小悪魔ポルターガイストの役を勤めたとは信じられんよ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
冗談じゃない。どうして、あのファウスト博士に、そんな小悪魔ポルターガイストが必要なもんか。やはり、悪鬼の陰険な戦術なんだよ。で、仮令たとえば家族の中に、一人冷酷無残な人物があったとしよう。そして、その一人が黒死館中の忌怖きふの的であったばかりでなく、事実においても、易介を殺したのだと仮定しよう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「ところが、死霊おばけは算哲ばかりじゃないさ」と検事が応じた。「もう一人ふえたはずだよ。だがディグスビイという男はたいしたものじゃない。たぶん彼奴あいつ魑魅魍魎ポルターガイストだろうぜ」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)