“ファンタジー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
幻想曲50.0%
幻景50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ショパンのピアノ芸術の最後の到達点であったと言われる「幻想曲=ヘ短調(作品四九)」は、ショパンの甘美さをかなぐり捨てて、古典的な形式のうちに雄大深奥な瞑想を盛ったものであるが
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
その、あらゆる天候によごれ切った、のふかい顔と、奇妙なかたちの彼の椅子とを見ているうちに、私のあたまをこんな幻景が走ったのである。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)