“みそば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御側50.0%
身側50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われは罪なき父の霊の、めぐみふかき上帝かみ御側みそばに救い取られしを信じて疑わず、後世ごせ安楽を信じて惑わず、更にって我一身のため、わが一家のため、奮って世と戦わんとするものなり。
父の墓 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
あなや身側みそばに吹きよせて、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)