“ふつつり”の漢字の書き方と例文
語句割合
断然100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
口惜しき(ぬ)(ぎぬ)きせられしは(か)の人ゆゑなり、今までは今までとして、以来これより断然ふつつりと行ひを改ため、其方が名をも(そそ)ぎ我が心をも安めくれよ
雪の日 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)