“ふぐたいてん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
不倶戴天95.0%
不具退転5.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この武蔵地方には、先年、彼にとっては、不倶戴天ふぐたいてんの仇敵ともいえる右馬允貞盛が、立ち廻っていた形跡がある。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ガニマール氏はまたしても不倶戴天ふぐたいてんの敵アルセーヌ・ルパンのためにうまうまと一枚喰わされたのである。
寧ろやぶれかぶれの勇に富んだ不具退転ふぐたいてんの一本道である。
続芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)