“ひとくれ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒトクレ
語句割合
一塊100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おまんから孫の正己までが投げ入れる一塊ひとくれずつの土と共に、親しいものは寄り集まって深く深く吉左衛門を埋めた。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
当麻たぎまむらは、此頃、一本の草、一塊ひとくれの石すら、光りを持つほど、にぎわちて居る。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)