“ばんこうけい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
伴蒿蹊75.0%
伴蒿渓25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『質屋庫』より数年前に成った伴蒿蹊ばんこうけいの『閑田次筆かんでんじひつ』二やそれより七十年前出来た寒川辰清さむかわたつきよの『近江輿地誌略』十一に引いた通り
その青年時代には尾張熱田の社司粟田知周あわたともちかについて歌道を修め、京都に上って冷泉れいぜい殿の歌会に列したこともあり、その後しばらく伴蒿蹊ばんこうけいに師事したこともあるという閲歴を持つ人である。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
私は東京に出るまで、じつは読んでいなかったのであるが、近江の学者伴蒿渓ばんこうけいが著した『閑田耕筆』を読んだとき、私ははじめて意外なことを発見したのであった。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)