“粟田知周”の読み方と例文
読み方割合
あわたともちか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その青年時代には尾張熱田の社司粟田知周について歌道を修め、京都に上って冷泉殿の歌会に列したこともあり、その後しばらく伴蒿蹊に師事したこともあるという閲歴を持つ人である。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)