“ところあらわし”の漢字の書き方と例文
語句割合
露顕100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御行 (居間の端に腰を掛けながら)あ、それから、お爺さん。……これはなんですが、なよたけの素性も私の素性も、露顕ところあらわしの式でも済むまでは絶対に秘密にして、誰にも知らさぬようにお願いしますぞ。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)