“とうに”の漢字の書き方と例文
語句割合
唐丹100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下閉伊郡の田老村気仙郡の唐丹村と共に、惨禍の大関だったので、地震があれば、夜昼問わず警戒をする慣習になっております。
地震なまず (新字新仮名) / 武者金吉(著)
海尊仙人が住んでいたという口碑あり、また陸前気仙郡の唐丹の観音堂の下にも、昔常陸坊が松前から帰りがけにこの地を通って、これは亀井の墓だと別当山伏の成就院
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
(4)一例をいうと、気仙郡広田唐丹方の村々が先年山火事が延長して全村三、四百戸焼失したときに、同村の裏の竹林に村中にある多くのオシラたちが避難して飛んできていたという。
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
平田と言う部落で、ちょうど釜石湾口を真正面に望む家があったので、早速来意を告げて聞いて見たが、前記のオバサンの話と少しも違わぬ。地震の後に唐丹の方向でドンという音がした。
地震なまず (新字新仮名) / 武者金吉(著)
また同郡唐丹村、今手山金鉱での口碑には三郎となっておりまして、やはり炊事係でありますが、これにはこの男が流し下に溜まる飯粒を克明に拾い集めておき、毎日それをカラスにやったと言い
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
右の三陸津浪の三時間ばかり前に、岩手県唐丹村の沖でメヌケが多獲され、また縄(延縄であろう)の位置がいつの間にか変わってしまうので、漁師が不審に思ったと言う(日日新聞釜石通信員談)。
地震なまず (新字新仮名) / 武者金吉(著)