“てんたんしゃだつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
恬淡洒脱100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或時は表面に恬淡洒脱てんたんしゃだつよそおっているが心の底には絶えず果敢いあきらめを宿している。
「粋とはれて浮いた同士どし」が「つひ岡惚おかぼれの浮気から」いつしか恬淡洒脱てんたんしゃだつの心を失って行った場合には「またいとしさが弥増いやまして、深く鳴子の野暮らしい」ことをかこたねばならない。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)