“つがんこうもく”の漢字の書き方と例文
語句割合
通鑑綱目100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その綱とあるのは朱子の通鑑綱目つがんこうもくで、鑑とあるのは司馬温公の通鑑である。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
されば太宰春台だざいしゅんだいが『通鑑綱目つがんこうもく』全篇を通じて朱子の気にかのうた人は一人もないといったごとく、第一儒者が道徳論の振り出しと定めた『春秋』や、『左伝』も