“つかもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
柄元66.7%
柄本33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
メリッ——と、お綱の匕首あいくちが、一念に欅の板をえぐり抜いて、柄元つかもとまで向うへ通った。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
突貫つきつらぬく、林藏は苦紛くるしまぎれに柄元つかもとへ手を掛けたなり、
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
阿部一族の立て籠った山崎の屋敷は、のちに斎藤勘助の住んだ所で、向いは山中又左衛門、左右両隣は柄本つかもと又七郎、平山三郎の住いであった。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)