“つかいめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
使女66.7%
仕女33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——正面の口より、二人の使女つかいめと共に、海岸より連れられ来し女子現わる。
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「人間ではない。わしは竜神の使女つかいめなのじゃ。」
聟どのの草履がすり切れておるではないか。古草履ではならぬ。新しい草履を召されて、嫁どのの家に着くと、先様の仕女つかいめが、すぐそれを取って奥へ持ってゆく。そしてこよいは、嫁方の舅御しゅうとごどのが、その草履の片方ずつを抱いてお寝やるのがいにしえからの仕きたりじゃ。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)