“ぢよくゑ”の漢字の書き方と例文
語句割合
濁穢100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九 自ら濁穢ぢよくゑを離れずして濁穢の衣を著んとするも、自制と眞實とを缺くときは彼は濁穢の衣に應ぜず。
法句経 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
悪魔の魅力を仮用して高潔なる舞台を濁穢ぢよくゑする泰西作家の妙腕は、即ち馬琴が八房のうちにあり。