“ちんにゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
闖入100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等は格太郎の顔を見ると、きまり悪相にそんなことを叫んで、向うへ逃げて行った。しまいには正一までが彼の部屋へ闖入した。
お勢登場 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ところが、やがて其の厳しい門を押し破って、和田合戦の板額のように闖入した勇者があらわれた。その闖入者は松居松葉君であった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
新しい自分の生涯に過去が闖入してくる口は、わずか開いている一つのがあるきりだった。がその扉も今や閉ざされてしまった。