“ちょくゆ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
直諛50.0%
勅諭25.0%
直喩25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これ直諛ちょくゆなるのみ。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
これ直諛ちょくゆなるのみ。
そのころ臨安府には火災が多かったので、官舎に寄寓きぐうしている人びとは、外出するごとに勅諭ちょくゆその他の重要書類を携帯してゆくのを例としていた。
Perceptual な叙述に対する、主観的方面の叙述は何であるかと云うと、私はちょっと名前に窮するから、しばらく在来の修辞学に用いている直喩ちょくゆ(simile)という語を借用致します。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)