“ちゅうじょ”の漢字の書き方と例文
語句割合
忠恕100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人倫の道を踏みさえすれば、すなわち仁を実現し忠恕ちゅうじょを行ないさえすれば、彼にとっては何の恐れも不安もなかった。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
わけても陽明学を好み、傍ら大槻玄沢おおつきげんたくの弟子杉田忠恕ちゅうじょの邸へ通って蘭学を修めようというのだから鷹にしても上の部だ。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)