“せんべいや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
煎餅屋93.8%
前餅屋6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
向うの煎餅屋せんべいやの娘が、二つになる男の子を、お銀のところへ連れ込んで来て、不幸な自分の身のうえを話しながら、子供の顔を眺めて泣いていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
さて、その次に来た弟子は日本橋馬喰町の裏町に玉村という餅菓子屋がありましたが、その直ぐ隣りの煎餅屋せんべいやせがれ長次郎という若者でした。
その隣には「陳列びん店」という看板が掲げてあって、店をのぞくと、たとえば諸君がお前餅屋せんべいやの店先で見られるであろう、あのお煎餅の入っている電灯型の壜、または煙草屋の煙草の入れてある四角い壜
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)