“すごろく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
双六93.4%
雙六4.9%
双陸1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こういう風情は現代の若い人たちには十分に会得されまいと思う。それから歳の暮になると、絵双紙屋の店にはいろいろの双六がかけられる。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ついでにいふ、前の歌の「雙六」此歌の「餓鬼」皆漢語なり。〔日本 明治32・2・28 二〕
万葉集巻十六 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)
やがてまた、そこらの双陸棋石に触れるような響きがして、誰かかな溜め息をついているようにも聞かれた。