“じんけん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
人絹85.7%
人嶮14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人絹じんけんと間違っているらしいのだ。あまりひどすぎて一座みな興がめ、誰も笑わず、しかめつらになった。
眉山 (新字新仮名) / 太宰治(著)
外見ばかりを安物で飾っている現代の建築物や、人絹じんけんの美服などとその趣を同じくしているが故である。
西瓜 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
天嶮てんけん地嶮ちけん人嶮じんけんのこと」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)