“じつれきだん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
実歴談50.0%
実歴譚50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある時氷に路をがれて仕方がないから、船をてて氷の上へって、乗り捨てた船をって向う側へ出て、ようやくまた船に乗ったと云う話がある。これは主人実歴談である。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
自分の従軍当時の実歴譚をことごとく語って聞かせてくれた人である。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)