“じだたら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
地蹈鞴50.0%
地蹈韛50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「偸児! 人殺し!」と地蹈鞴じだたらを踏みて、内儀はなおあららかに、なおけたたましく、
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「さあ、やられた!」と身をもだえて騒げば、車中いずれも同感の色を動かして、力瘤ちからこぶを握るものあり、地蹈韛じだたらを踏むもあり、奴をしっしてしきりに喇叭らっぱを吹かしむるもあり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)