“じたんだ”の漢字の書き方と例文
語句割合
地団駄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時、私達の耳元で、恐しい野獣の様なり声が聞えた。振り向くと、矢島五郎が、鼻の頭をびっしょりと汗で濡らし、真っになりながら唇を噛み締めて地団駄踏んでいる。
カンカン虫殺人事件 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
両兎を追うもの一兎を得ず、逸早く、金吾はきびすを巡らして前の所へ戻って来ましたが、もうその時は万太郎の方も、優形の覆面を取逃がして、地団駄を踏んでいるあとでありました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)