“しんなす”の漢字の書き方と例文
語句割合
新茄子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
味噌納屋の前にはがけ手ぬぐいかぶりで、下女たちを相手に、見た目もすずしそうな新茄子けるおまんがいる。そのそばには二番目の宗太を抱いてやるお民がいる。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ある時新茄子をよそから持って来てくれたものですから、その茄子を糠味噌へつけさせて食べてみますと、どうしても秋茄子の味でございますから、これは只事ではねえぞ、さあ村の人たちよ
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)