“しんたんしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
薪炭商100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ようやく小学校を出た時分から男とと関係して、田舎の医師のところへ縁づく前には、ある薪炭商の隠居の世話になっていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
隣家は、薪炭商であって、そこには、達吉より二つ三つ年上勇蔵という少年がありました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)