“しんござえもん”の漢字の書き方と例文
語句割合
新五左衛門100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けだし這般の情事は烟花場裏一夕の遊戯にして新五左衛門等の到底解し得べきところにざるなり。われ田舎の人より短冊を乞はるることあるや常に唖々子が句を書してげり。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
新五左衛門
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)