“しろがねづく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白銀造50.0%
銀作50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのわきに、片膝って、手をついたのは、すなわち軍師小幡民部である。紺地無紋陣羽織をつけ、ひだりの籠手采配をもち、銀作りの太刀をうしろへ長くそらしていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)