“しろがねだい”の漢字の書き方と例文
語句割合
白金台100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京で白金台とか小日向台とかいうダイは、河沿い海沿いの段丘のごとき、上の平らな高地のことで、高台と言う語もあり、既墾の地は台畑などとも言っている。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
壮者のような迅い足で、彼はまもなく、白金台から目黒の行人坂を歩いていた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)