“しらみね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白峯50.0%
白峰50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし上布としては、小千谷のものに席を譲らねばなりますまい。能美白峯の「白山紬」の名も言い添えねばならないでしょう。紬の仕事にはそう間違いがありません。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
鶴来から白峰まで十里、其処から手取川に沿うて三里半行くと白山温泉、温泉から湯の谷と柳谷との両深谷に挟まれた長峰を一直線に東すること三里半で、海抜七千六百尺の弥陀高原に達します。
天保の飛行術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)