“しょうびょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小病50.0%
小錨50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下谷外祖父毅堂先生の詩に小病無名怯暮寒小病く 暮寒る〕といはれしもかくの如き心地にや。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
私は、濛気が晴れるまで、を入れて、碇泊する決心をし、小錨に太いをつけて投げ入れた。
無人島に生きる十六人 (新字新仮名) / 須川邦彦(著)