“しょうにちれん”の漢字の書き方と例文
語句割合
聖日蓮100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聖日蓮の御遺徳の然らしむるところか、それとも浄魔秘経法華経御功徳が然らしむるところか、谷を埋め、を閉ざしていた深い霧も、お山名代のその馬返しへ近づくにって
聖日蓮波木井郷の豪族、波木井実長の勧請もだし難く、文永十一年この一廓に大法華の教旗をひるがえしてこのかた、弘法済世の法燈連綿としてここに四百年、教権の広大もさることながら