“しょうこんさい”の漢字の書き方と例文
語句割合
招魂祭100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治三十八年五月四日の午後、阿吉牛堡っていた、第×軍司令部では、午前に招魂祭を行った余興の演芸会をす事になった。
将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
日露戦争凱旋当時、此丘上に盛大な師団招魂祭があって、芝居、相撲、割れる様な賑合の中に
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)