“しょいちねん”の漢字の書き方と例文
語句割合
初一念100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ハリッチ発などと書くと、余が、とうとう初一念いて、ロンドン上陸後、このハリッチへ来たように邪推するであろう。しかし、事実は、大ちがいだ。
沈没男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その上に一家の事情が纏綿して、三方四方が塞がったから仕方がなしに文学にったので、初一念の国士の大望は決して衰えたのでも鈍ったのでもなかった。
二葉亭追録 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)