“しゅうりん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
周鱗66.7%
秋霖33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瑞仙様が景三、周鱗しゅうりんの両和尚と御一緒に往っておられます近江の永源寺、あるいは集九様のおられる近江の草野、または近いところでは北岩倉の周鳳しゅうほう様のお宿
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
瑞仙様が景三、周鱗しゅうりんの両和尚と御一緒に往つてをられます近江の永源寺、あるひは集九様のをられる近江の草野、または近いところでは北岩倉の周鳳しゅうほう様のお宿
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)
本年は残暑の後意外の冷気に加へて昨今の秋霖しゅうりん御健康如何やと懸念けねんに堪へず候。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)