“しゅうしゅうこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
啾々乎66.7%
愁々乎33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓場のような重苦しいあたりのようすに、それは一脈のすごみを投げて、啾々乎しゅうしゅうこたる鬼気を帯びている。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
こう冗談めかしてひとりごちながら左膳がニッとほほえんだとたんに彼はあきらかに再び、片割れ乾雲丸が啾々乎しゅうしゅうことして夜泣きする声を聞いたのだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
と、虫の鳴くような細い音が、愁々乎しゅうしゅうことして響いて来た。