“さかきばら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
榊原95.8%
榊払4.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小出信濃守こいでしなののかみの邸の前を通って、榊原さかきばら式部少輔の邸の横を抜けて、一ツ橋御門を中へ入れば一ツ橋中納言家のお邸となる。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「名をあげてもよろしい、五人や七人はすぐあげることができますよ、いま云った中国筋の、薫という妓にかよいつめている大名、それから榊原さかきばら
「よかろう。さきに出て、榊払さかきばらいをやり給え。それを合図に、天楽てんがくを奏し、天女の舞楽を見せ、つづいて、森の巫女が、神降りを演る段になるのだから」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)