“ごましおひげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
胡麻塩髯72.7%
胡麻塩鬚18.2%
胡麻塩髭9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人は、胡麻塩髯ごましおひげ胸にるゝ魁偉おおきなアイヌ、名は小川おがわヤイコク、これはあまり口がけぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
迫った太い眉に、でっかい眼鏡で、胡麻塩髯ごましおひげを貯えた、おとがいとがった、背のずんぐりと高いのが、かすりの綿入羽織を長く着て
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これは銀次と肩を並べている痩せ枯れた胡麻塩鬚ごましおひげの巡査部長の質問であった。しかし銀次は平気で答えた。
骸骨の黒穂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
渋紙のような顔に、胡麻塩鬚ごましおひげ中伸ちゅうのびに伸びている。
鼠坂 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
地上の灯の余映を受けて、闇の中へ女角力おんなずもうの腹のようにボンヤリと浮き上ったその白塔の下では、胡麻塩髭ごましおひげを生やして乃木大将然とした風間老看守が、色白な中年の女をとらえて、なにやらしきりに引き留めているような様子だったが
灯台鬼 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)