“くろさき”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒崎100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるとき天皇はそのころ吉備きびといっていた、今の備前びぜん備中びっちゅう地方ちほうの、黒崎くろさきというところに、海部直あまのあたえという者の子で、黒媛くろひめというたいそうきりょうのよいむすめがいるとお聞きになり、すぐにしのぼせて宮中でお召し使いになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)