“くすみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
摯実66.7%
玖須美33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
詰らぬ思案に身を退て馬鹿にさへなつて居れば可いとは、分別が摯実くすみ過ぎて至当もつともとは云はれまいぞ、応左様ならば我が為ると得たりかしこで引受けては
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
つまらぬ思案に身を退いて馬鹿にさえなって居ればよいとは、分別が摯実くすみ過ぎて至当もっともとは云われまいぞ、おおそうならば我がすると得たりかしこで引き受けては
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「いいかい非常線にひッかかったら、糸川筋の林屋旅館へ見舞いに行く伊東の親類だというんだよ。林屋は伊東の玖須美くすみの出身だからね」
安吾巷談:07 熱海復興 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)