“ぎじょうへい”の漢字の書き方と例文
語句割合
儀仗兵100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
将軍を迎えた儀仗兵ぎじょうへいの馬が万歳の声に驚ろいて前足を高くあげて人込の中にそれようとするのが見えた。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今なら儀仗兵ぎじょうへいに当るものが行くというので、それを見物に出て来たあばたの少年少女の姿が
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
PR