“きんつば”の漢字の書き方と例文
語句割合
金鍔100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一卷ひとまき道中だうちう織込おりこんで——また内證ないしようだが——大福だいふくか、金鍔きんつば
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
小銅五厘なり、交番へ届けると、このおさばきが面白い、「おはん金鍔きんつばを食うがかッ。」勇んで飛込んだ菓子屋が、立派過ぎた。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)