“きらう”の漢字の書き方と例文
語句割合
歸牢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
病中の處猶又歸牢に相成心氣れ心程言葉のらざるより自然對決も屆かず吟味詰にも相成ずして居たりし寶永七年九月廿七日むべし道十郎牢内にて死去に及びけるは不運と云ふも餘りあり妻お光は此由を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)